艦の種類について

前からガンガン行くのと、裏からこっそり闇討ちされるの、どっちが好きですか?

隠密性と静粛性こそが潜水艦の特徴であり、最大の要点となっている。この2つに優れていなければ、正直ただの水上艦ではないかと罵倒されてしまうという。実際、潜水艦を作り上げた後でも水上艦と比較して、大して音の大きさが変わらないようならばそれは潜水艦ではなくなってしまうからだ。先ほど紹介した潜水艦を購入する時には、水上艦としてなのかと見比べたりもするというのです。面白いと思うかもしれませんが、これは世界大戦時から言われていた。というのも、その当時は潜水艦とは呼ばれていたものの、実際には『可潜艦』というのが本当の名称なのです。つまり、水上艦ではあるものの一定航行中に潜航することが出来る、というのがかつての潜水艦理論であり、現在は潜水航行を主とした機体ではなければ駄目なのです。

とはいえど、それを判別する方法は実際にはないそうです。自動車のように一日試乗して試してみようということも出来ないため、実際にその性能を知るためには実践で試さなくてはならないのです。ある意味無茶苦茶な話だ、失敗の許されない隠密活動が要求されているのにいきなり任務で投入しなければならないのだから、難儀な話だ。基本性能として隠密性と静粛性、どちらも富んでいることを切に願うしかないのかもしれませんね。

さて、そんな潜水艦にも一応種類というものは存在している。ただこっそり作戦行動を取るばかりが潜水艦ではなく、これまで開発されてきた潜水艦を見てきても戦闘力に富んだ機体なども存在している。ガンガン攻撃するものもあれば、中には哨戒に特化した機体もあるので、潜水艦の種類について見てみよう。

水に潜りたい方へ 清水ぶどう園 プレミアム商品として、高級化粧箱に梱包し、厳選された干し芋を大切な方への贈答用品としてもご利用できます。 ちょっと変わっているけど、味は保証できるプレミアム注文をご希望の方はどうぞ弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

潜水艦の種類

一応軍事兵器となっているので、大小あれど最低限武装は配備されている。ただ攻撃を主眼においた機体であればあらゆる攻撃武装が搭載されているので、より実践を意識した戦闘型潜水艦もあれば、自国周辺の海域を哨戒し、不振な船影を発見して威嚇射撃などに優れた偵察型潜水艦というのものもある。

そんな潜水艦の種類について、現状確認されているのは次のようなものだ。

攻撃型潜水艦

最初に紹介するのは、魚雷や機雷といった武装を搭載して会場にある敵水上艦・潜水艦への攻撃を目的に開発された『攻撃型潜水艦』だ。潜水艦の理念ともいえる隠密活動に優れながらも、単騎でも敵と交戦できるのがこの潜水艦タイプの利点となっている。世界大戦時にもこれらは存在していたが、どちらかと言えば軍艦や戦艦と言われていたため、正確に言えば潜水艦とは言いがたいものだろう。

現代になると実戦そのものが減ったこともあって、攻撃型潜水艦そのものは数を減らしている。シミュレーションゲームのように各国が驚くようなハイテク潜水艦を備えていると表現されることもあるが、持っていたら大問題となるでしょう。ただ少なからずあってほしいと願いのはエゴだろうか。

沿岸型潜水艦

次に紹介するのは小型で戦闘力・航続力は劣っているものの、哨戒任務に適しており自国の海域調査を目的としたのが『沿岸型潜水艦』だ。現在では原子力潜水艦の登場によって、このタイプの潜水艦も開発されていない。

巡洋型潜水艦

隠密活動ともなれば長期での任務もあり得るため、当然それなりの居住空間などが必要になる場合もある。そこで開発されたのが攻撃性と居住性に優れた『巡洋型潜水艦』の存在だ。遠方への外洋における任務を行う際に活用されており、かつては日本を始めとした世界各国が所有していた潜水艦でもある。

輸送型潜水艦

潜水艦は必ずしも戦闘だけに特化しているわけではない、中には攻撃を目的としていない、味方の補給を目的としたものもある。それが『輸送型潜水艦』と呼ばれるものだ。これは人的補充や物資などの運搬の折に使われる物となっている。日本もイラク戦争時にはある程度力として援助していたことはなんとかなく知っているところだ。開発された当初は攻撃型を改良したものとなっていたため、輸送力は大したことはなかったという。

巡航ミサイル潜水艦

対戦以降に開発された潜水艦の中で、潜水艦の新しい価値が生まれたのは『巡航ミサイル潜水艦』が登場したのも一種の契機といえる。大型の対艦巡航ミサイルが搭載されており、冷戦期ではソ連軍が主に利用していた。

潜水艦に乗るには 「高層集合住宅」の意味では賃貸・分譲を問わず「アパートメント」が一般的?!「アパート」「マンション」「一戸建て」伊勢崎 賃貸がご希望をうかがいます。

どちらかと言えば

漫画などでは潜水艦というのは確かに隠密性と静粛性に優れたものとして表現されているが、どちらかというと無駄に攻撃力に富んでいる印象がある。現実の大戦時もそうであったように、隠密性というよりは攻撃力に特化した部分が存在しなければ駄目だった時代でもあったのかもしれない。潜水艦が本当の意味で様々な系統を生み出したのは皮肉なほどに戦後だったという事実がよく見えてくるのが分かるはずだ。


憧れの潜水艦│ 年齢という壁にぶち当たる必要など、何処にもありません。 勉強する意志と努力があれば何でも叶うもの。 埼玉県さいたま市・越谷市・熊谷市の音楽教室・ピアノ教室和幸楽器|ピアノ、中古ピアノ、エレクトーン、ヴァイオリン、防音室、アビテックスの和幸楽器は、音楽を愛する人々の味方です!

鐵の鯨(てつのくじら=潜水艦)辞典@呉